おまとめローンを利用しませんか

●おまとめローンのメリット

・金利が安いとこに乗り換えるため、毎月の返済額が大幅に減る。

・毎月複数のカードローンの返済をするのに対し、一社の返済だけで済む。

・おまとめローンに対応している銀行は大低金利が安く対応も安心。

・総量規制対象外だから安心。

おまとめローンは、利用する人に優しいのですね。いいえ、それだけではないのです。おまとめローンは、企業にも優しいのです。企業は、いっきに返してもらうより少しずつ返してもらった方が得をするからです。両者が得をする。なんて、いいものなんでしょう。

●おまとめローンのデメリット

もちろん、メリットがあればデメリットがあります。なので、次はデメリットについてお話します。

・必ずしも希望通りの金額でお金が借りれるわけではない。

・審査に通らない場合がある。

・限度額が低い金額からスタート。

今回は、この3つの中でも審査に通らない場合がある。について説明します。

おまとめローンの審査に通らない人には二つの傾向があります。それは、「ステータスが足りない場合」と「何か決定的な問題を抱えている場合」の二つに大きくわける事ができます。前者の場合年収や勤続年数等自身のステータスを改善する事により審査に合格する事が可能ですが、後者の場合どれだけステータスが高くてもその「決定的な何か」がある限り審査には通らないようになっています。

例えあなたがどのような好条件の利用者であれ、一つあるだけでおまとめローンの審査に通らなくなってしまう禁則事項がこの業界には存在します。またその数は意外と多く、案外知らない間にそのうちの一つに抵触している人も少なくありません。

まずおまとめローンの審査において最もよく見られるのが「借入先数超過」です。おまとめローンは「複数ある借入先を一社にまとめる」故、借入先数が何社あっても一社にまとめられると思われがちです。しかし実際はというとおまとめローンにも限界があり、一般的におまとめ可能な借入先数は4社が限界だとされています。勿論金融機関によって若干の差はありますが、逆に6社や7社でもおまとめが可能とうたう会社は闇金である可能性を伺うべきです。もし既に5社以上の借入先がある場合、取れる対策はただ一つ、少しでも借入先の数を減らす事です。例えばまだ限度額に余裕のある金融機関からお金を借り、借入額の少ない会社を完済してしまう、親に頭を下げてでもお金を借り一社でも借入先数を減らすといった方法を取る他ありません。

また「総量規制」による制限も、借入数超過に次いでよく聞かれる原因となっています。簡単に言ってしまえば総量規制とは「年収の1/3を超える融資を受ける事ができない」と定める貸金業法です。おまとめローンを利用するという事は、総額100万の借金がある状態でそれを一括返済する為にもう100万一瞬だけお金を借りる事になります。その場合総借入額が200万となり「年収が600万以上」ないとこの総量規制法によっておまとめが出来ない事になります。こういった場合取れる対策と言えば総量規制法の対象とならない「銀行のカードローン」や「用途が借り換えに限られているおまとめローン専用商品」の利用、借り換えとなります。そして「信用機関情報の事故記録」がある場合もおまとめローンの審査に通過する事は出来ません。これは例えば「過去に3ヶ月以上何かしらの支払いを滞納する」、「未払いの請求がある」等の理由によりあなたが「金融事故」を起こしたと信用機関に記録が残っている状態の事を指します。これは俗に言う「ブラックリスト」に名前が載っている状態であり、信用機関にその記録が残っている限りおまとめローンをはじめとした所謂金融商品の利用は困難です。もしこれに該当する場合取れる対策はありません、ただひたすら事故記録が時間経過で無効となるのを待つ他ありません。ただ思い当たる節のある方は兎も角、ごく稀に全く関係のない人が事故によりブラックリスト入りしてしまっている場合もあると言います。こういった場合然るべき申請を行えば事故記録を修正してもらう事が可能です。また自身の信用情報に関しては誰でも機関に申請する事で簡単に確認する事が出来る為あまりにも審査に通らず「おかしいな」と感じた人は一度調べてみると良いでしょう。

なお「一ヶ月の間に3社以上の金融機関に申し込み」を行った場合も実は上記のブラックリストに名前が載ってしまうので要注意です。下手な鉄砲も数打ちゃあたると言いますか、何も知らずよく複数の金融機関に申し込みを行う人が一定数いるようですがこれは大変危険な行為です。「この人は早急にお金を必要としている危ない人だ」と判断され、他の金融事故同様に暫くの間審査に通らなくなってしまいます。各社のHPにあるシミュレーターを利用する際に「無記名」の物を利用するのはこの為です。何故なら記名式のシミュレーターは場合により「3社以上の申し込み」に勘定されてしまう場合があるからです。また意外と見落とされがちなのが「勤続年数」です。全ての金融商品に対して言える事ですが、金融商品の利用にはある程度の期間同じ会社に勤め続けている必要があります。その基準は金融機関によってまちまちですが短い所だと最低でも3ヶ月、長い所で半年あるいは一年は同じ場所に勤めていなくては審査に通らないと言われています。この勤続年数は医者や先生など信用できる職業であれ、契約社員や派遣であれ、アルバイトやパートであれ全ての職種において等しく平等に重要な要素だと言われており、どれほど年収の高い会社に転職したとしてもおまとめローンの審査においては落ちてしまう理由となり得ます。

●おまとめローンの審査基準

・収入が安定している。

・20歳以上69歳未満(65歳未満の場合もある)

おまとめ目的、借り入れ目的であっても限度額は低くして申し込む。

審査基準は以上のことです。

最後に・・・・

おまとめローンについて理解していただけましたか?一本化することで、得をするのですね。しかし、今回はデメリット(注意する点)について、長く話しすぎてしまいました。ですが、注意しなければどうなるかは想像できません。おまとめローンを利用するかは、自分で正しい判断をしてください。

RETURN TOP