イギリスのEU離脱について

最近のニュースを賑わせているイギリスのEU離脱問題について、経済にどのような影響を与えるのか考えてみたいと思います。

日本でもEU離脱の影響により円高が進み株価が大暴落したことは記憶に新しいです。そもそもイギリスは何故、EUを離脱することになったのでしょうか。

原因は主に移民問題とユーロ危機にあるとされています。

移民問題はイギリスのみならず、ヨーロッパ中で大問題になっています。イギリスでも治安の悪化や、雇用を移民に奪われてしまうなど不満が広がっているようです。

イギリスはEUに加盟していますが、ユーロ通貨は使用せず自国のポンドを使用しているそうです。それなのに、ユーロ危機の影響が出てしまうことも原因の一つのようです。

そのような不満が高まり、6月23日にEUを離脱するか否かを問う国民投票が行われ、キャメロン首相などの残留派の予想を覆して離脱派が勝利しました。

EU離脱によって懸念されているのは経済への影響です。国民投票の結果を受けポンドは急落し、その他の通貨も続落しました。そのような結果を受けイギリス国内でも、国民投票のやり直しを求める声が出るなど不安が広がっています。現実に離脱が決定すれば、イギリス経済がこの先低迷するとの見方が強いようです。

日本へも関税の引き上げや市場の混乱などの悪影響がでる可能性があります。しかし、影響は限定的であると楽観的な見方が強いようです。

今後、状況が離脱か残留かどちらに転ぶとしても、不安がヨーロッパから世界に拡大し、リーマンショックのような世界恐慌にまで発展しないことを祈るばかりです。

自己破産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です