夏はシャワーで済ませて出費を減らします

お金がないときは基本的にシャワーで体の汚れを落とすだけにして、湯船にお湯を溜めないことにしています。湯船はそれほど大きくないですが、大きくなくても湯船にお湯を溜めるとガス代と水道代が上がります。

水道代はたいしたことないけれど問題なのはガス代です。ガス代が季節ごとに上がったり下がったりしますが、それを思うとお金に困っているときは湯船にお湯を溜めない方が安心できるのです。湯船にお湯を溜めなくたって体はきれいになります。

さすがに気温が低くなってくるとお湯につかって体を温めたくなりますが、暑がりのわたしはシャワーでも問題ないのです。特に夏はシャワーだけのほうが浴室から部屋に戻ったとき汗ばむことなく肌がさらさらするので夏はシャワーが良いくらいです。

ガス代が気になるのでシャワーの温度はかなりぬるめにします。お湯の温度を上げてしまうとそれだけガス代がかかりますから、なるべくぬるめの温度に設定します。

ぬるま湯のほうが肌が乾燥しないのでしわになりいくいとというメリットもあります。デメリットとしては頑固な汚れが落ちにくいということくらいなものです。時には水のシャワーを浴びることもありますが水ならガス代の心配はありません。即日融資 カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です