沖縄にある基地は本当に弊害しかないのだろうか?

官房長官が沖縄県への損害賠償請求を求めているとニュースで流れていた。
要するに、沖縄県知事が民意を反映していると言い張り、辺野古の埋め立て承認を撤回すると言ったのが元々の発端だろう。知事として選ばれているのだから、沖縄県の民意が基地反対というのは理解できなくはない。実際、基地があることで発生した問題も数えきれないほどたくさんあるだろう。
しかしながら、もし基地がなくなったらということまで沖縄県民は想像していないのだろうか? 観光資源だけでやっていけると本当に思っているのだろうか?
今ある基地の周辺だって、元々は何もなかったのだ。基地が出来たから、基地にいる米国人や関係者を対象とした店が発展していってそれが大きな街に成長していった。それは沖縄県民ではない私だって知っているような事実だ。
基地の弊害はもちろん分かる。私が知らないだけで、実際にはもっと様々な問題があるだろうということも想像は出来る。
しかし、沖縄の人々は、基地の弊害には頭が回るが、基地があることによる恩恵のことを考えたことがあるのだろうか?
原発事故があった時にも、原発があることによる恩恵、主に金銭的な優遇がクローズアップされたことがあった。原発という危険なものを設置する代わりに、その莫大な恩恵を手にしていたのだ。カードローン 金利
日本と基地の関係に関してはともかく、沖縄と基地の関係に対しては、私なんかの意見よりも沖縄に住んでいる人の意見が優先されるべきだとは思う。しかし、基地がなくなったとして沖縄の人々の生活は良い方にだけ変わるのだろうか? 基地関係者を頼りに生活している人たちの今後はどうなるのだろうか?
もう少し、基地があることの悪さばかりではなく、良さにも焦点をあてた報道をすべきではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です