今年のお盆に帰省できなくて、孫の顔を両親に見せられない人に朗報。

まごチャンネルのamazonなどの口コミはどうなの?

2020年はコロナで帰省したくても帰省できない人は多かったはずです。実家のご両親も孫の顔を見れなくて寂しい思いをしてるのではないでしょうか。実家が遠いとお正月とお盆休みしか帰省できないから実家のご両親も残念だったと思います。そんな親孝行なパパママに素晴らしい商品を紹介します。その名もまごチャンネル。まごチャンネル本体をテレビにつなぐだけっでパパママが撮影したお孫さんの動画や写真が実家のテレビで見れるという商品です。高齢のご両親はスマホを持っていない人が多いです。インターネットもない実家も多いはずです。まごチャンネルは、通信機能を内蔵しているため、実家にネットやWIFIの環境がなくても大丈夫です。操作も簡単でテレビのリモコンを操作するくらいの簡単さです。高齢者は情報弱者と呼ばれているように機械の操作ができないし、難しい配線や設定はできません。まごチャンネルはとことん簡単操作にこだわって作られています。設置は電源とテレビにつなぐHDMIケーブルだけです。テレビの入力切替でまごチャンネルに保存されたお孫さんの写真や動画を見ることができます。どうしても設置ができないという場合は設置のサービスもオプションであるので安心です。

パパとママはまごチャンネルアプリで動画や写真を送信します。スマホでお孫さんの姿を撮影して送信します。送信されるとまごチャンネル本体が点滅してデータが保存されたことがわかります。実家のテレビで再生されるとパパママのアプリに見ましたが返信されてきます。簡易的な見守り機能としても使えます。パパママの両方の実家に1台ずつまごチャンネルを設置して両方に送ることもできます。もちろん別々に送ることもできます。アプリは無料で増やせるので兄弟で実家に動画や写真を送りあうのもできます。

8月に小池百合子東京都知事がオンライン帰省としてまごチャンネルが紹介されていました。今年の夏は特別な夏休みとしてオンライン帰省をしましょうと推奨していました。実家でスマホを使っていればテレビ電話で話ができるけど、携帯も使えないという人にはどうしようもありませんでした。

警備会社のセコムとコラボで「まごチャンネルwith SECOM」というサービスも出てきました。まごチャンネルに追加で実家の室温や電気の消灯などの見守り機能を追加したサービスです。いままでセコムでも見守りサービスがありましたが新しいサービスとしてスタートしました。なんともこの時期にピッタリなサービスです。

こちらのサイトでも詳しく書かれているので見てください。

口コミなどの評価がまとめられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です