やっとプロ野球とJリーグもにぎやかになる

【プロ野球やJリーグの収用観客数上限が緩和される見込み】
日本野球機構(NPB)とJリーグは観客巣の上限を
「2万人 または 収容人数の50%の少ないほう」
への導入についての要望書を政府の西村経済再生担当大臣に提出しました。;

【収用観客数上限は段階的に引き上げ】
Jリーグと日本野球機構はが収用観客数上限緩和を申し出たことは他のスポーツ観戦に大きな影響を与えると思います。
日本野球機構(NPB)と連名で要望書を出したJリーグ村井チェアマンは
「段階的に引き上げることで、もう少しお客様に楽しんで安全に観戦していただける手応えを感じている。地域の感染状況が異なるので、クラブの裁量によって上限を引き上げることで柔軟に対応できる」
と話しています。

これまで収用観客数上限は5000人でしたが段階的に4倍の2万人にまで増やす方向です。
球場やスタジアムの形状により観客席でのソーシャルディスタンス確保の方法も今 検討中だそうです。
まずは収用観客人数を30%程度を目安に各クラブで観客数を検討dしていく見込みです。
県外から大挙してやってくるアウェーサポーターに関しても全国の感染状況を確認しながらではあるが10月から緩和する方向です。

【入場者数を増やすと「3密」にならないか?】
入場者数上限を緩和することで招く「3密」に関しては
日本野球機構 斎藤コミッショナーは
「気にはしているのは気が緩んで大声を出すこと。
 あらためて応援というところには相当注意していないと。
 密にならないことをなんとかキープしないといけない」
とも語っています。

日本野球機構、Jリーグ
共にガイドラインを遵守を再徹底していくことを強調。
分散入場や時差退出なのど対応策も講じていくようです。
お墓 いらない

【収用観客数緩和の準備はできている】
政府はこれらの要望を受けて感染症対策分科会最終判断する方針です。
日本野球機構の斎藤コミッショナーが
「認めていただければ迅速に対応する準備はできています」
と言えばJリーグの村井チェアマンも
「お認めいただけるのなら9月中であっても対応する用意はできています」:
と両者ともも収容観客人数上限緩和には前向きです。
早く大声出して応援したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です