健康とストレスと運動について

何をもって健康というのか、これについてある程度の年齢になると真剣に考えるということが増えてきます。この健康ということに関してストレスとの関連性ということに着目して少し考えてみたいと思います。まず、漠然と健康とストレスの関係を意識していることが多いと思いますが、ストレス様々な疾患の原因となるため、健康であるということを維持するためには重要なポイントになります。代表的な疾患としては「胃潰瘍(消化性潰瘍)」がよく知られていて、食生活に加えて、ストレスが大きな原因になることが知られています。ほかにもうつ病や心身症があります。特に心身症ともなると、他の疾患のリスクというものが上昇するということが知られていて、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎の悪化や肥満、冷え症、頻尿といったものが自律神経の乱れによってあらわれてきます。なお、口内炎や視力低下といったものもストレスとの関連性が強いということが昨今語られています。なんといっても、ストレスをためると、それそのものの精神的負担はもちろん、自律神経等のみだれによる内臓疾患や様々な疾患というものが大きな問題になります。
体調や健康といったことに不安を感じているときにやっておくべきとされていることに「適度な運動」があります。従来から健康と適度な運動は非常に密接な関係があるといわれていて、昨今では、ウォーキングやジョギング、そしてストレッチやヨガといったものが健康維持のために活用されています。激しい運動ともなると逆に体を痛めてしまう可能性もあるため、適度な運動というものが推奨されています。強すぎない負荷の運動は、筋肉量を維持、強化することと、代謝をあげることができるため、体型管理や、体のバランスの回復といったことに効果を発揮します。これまで全く運動をしてこなかったという方でも、お風呂あがりにストレッチをするようになってから朝がらくになったという声や、疲れにくくなったというような声があがっています。なにごともやりすぎはよくないですが、適度な運動というものは健康には役立ちますから、将来の体の不安を現在感じているという人はぜひ、ストレッチやウォーキングを用いた健康維持ということを考えてみてください。ちなみに、最近は、この適度な運動(ストレッチ)を使った肩やひじの、ひざの痛みの解消といったことも注目されていますよ。

ビハキュア 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です