ニトリの島忠買収計画!果たしてお値段以上は成功するか?

家具氷塊最大手のニトリホールディングスがホームセンター業界7位の島忠の買収に動いています。
こんも島忠の買収においてはホームセンター業界第2位のDCMホールディングスがもともと手をあげていました。
そこに途中でよこやりを入れる形でニトリが参加してきました。
ここには最初の「DCM」側の作戦失敗が原因かもしれません。
当初DCMがうぁ島忠に1株3800円を提示しmした。
そのあまりにも低い金額に島忠側は激怒
最終的には1株4200円で決着したようです。

ただ、島忠は財務体質的にも有料会社です。
純資産額は1800億円相当ともみられています。
しかし、DCMの設定した株価での買収額は1600億円程度と純資産額を下回っています。

ニトリ側は敵対的買収TOBでこのDCM側に対抗していく方針のようです。
都心部での店舗拡大戦略を取り出したニトリ側にとって、島忠の持つ都心型店舗はとても魅力的です。
ですからDCM提示の1株4200円を上回る買収価格を縞ちゅう側に提示するかもしれません。

もはやここまできたら半沢直樹レベルの話になってきてとても興味を惹かれます。

果たして家具販売とホームセンターという似て非なる業界がどう融合するのでしょうか?
私には直接的な相互影響効果はあまりm消えないのですが、それは凡人の発想かもしれません。
きっとニトリの似鳥社長には勝算があってのことでしょうね。

お値段以上の株価で買収しても勝算があると見込んでいるニトリの島忠買収計画
その裏にはなにかあるにちがいない!
半沢直樹を何回も見直している私にはそう思えて仕方ありません。

DCM側に買収株価を大幅アップさせるために島忠とニトリが手を組んでいるとしたら・・・?
お~い!黒崎検査官!
早く登場してきてくれぇ

「あ~ら、お・ま・た・・・せ・・」
と金融庁の調査は入らんのかなぁ・・・

このまま順調に島忠がニトリに買収成功ではつまらん!
やっぱり、
「◎◎倍返しだ!」
そんなドラマチックな展開を期待してしまう外野の私である。
介護 声かけ 悪い例

嫁取りは成功したが綱取りは?貴景勝

久しぶりの日本人横綱に期待さえている貴景勝関
綱取りの前にあっさりと嫁取りを成功させました。
しかもお相手は元大関北天佑の次女 千葉有希奈さんです。
お相撲さんの娘だから外見もお相撲さん?
なんてことはなく元モデルの超がつくほどのスタイル抜群の美人です。
4つ年上の姉さん女房ですが、相撲界をよく知るお嫁さんであれば日本人横綱誕生も近い将来あるかもしれません。

■ 綱取りに心配なのは週刊誌で報道されている地元とは全く別の後援会の存在
横綱には清廉潔白が要求されます。
そんな横綱を目指す貴景勝関に心配なのが週刊誌で報道されている地元とは別の後援会の存在です。
その後援会長にはAKB48などを秋元康氏とともに作田t理下業界でも有名な方なのだ。
そんな華々しい一面もある事ながら、裏では闇金融や裏カジノ疑惑もある方らしい。
またその後援会長に親しい方も投資詐欺事件で起訴されたこともある方もいるくらいだ。

■b 怪しい人は怪しい人を手繰り寄せる
自分を応援sh字てくれる人はむげにはできない
たとえ相撲の世界は勝負の世界であっても人気商売であることには違いありません。
だからこそ応援してくれる人をむげに断ることなんかできません。
このあたりは大変難しいのですが、やはりそこは欲綱を目指すのであれば身の回りは清廉潔白でいなければなりません。

■ 地元芦屋の講演会には兵庫県知事や元大臣の名も
もしも連続での優勝があれば「横づ音に」よいう声が高まるでしょう。
優勝パレートや優勝パーティ
やはりそこは地元の後援会がメインになってくるでしょう。
兵庫県出身の貴景勝関の地元後援会には
兵庫県知事
元大臣(自民党)
のそうそうたる御仁が名を連ねていますからね。
優勝パレートや優勝祝賀会にはそんな地元の後援会が呼ばれることでしょう。

とにもかくにも貴景勝関には奮起していただいて早く日本人横綱誕生のニュースを心待ちにしたいものです。
あんな綺麗な奥さん貰ったんだから、頑張るでしょうけどね・・・
耳が遠いのを認めない

菅首相を応援する自民党無派閥という派閥を潰しにかかるのだ誰だ

「ガネーシャの会」という自民党内で菅首相を慕う若手議員の作る会があります。
ここが今 ちょっとした物議を醸しだしています。

読売新聞がすっぱ抜いた記事によると
菅首相の週に庭位に紺色のスーツを贈ったらしいです。
スーツの裏地には
「第99台 内閣総理大臣 菅義偉」と刺繍されているそうです。
それを作ったのは菅首相ひいきの仕立て屋だったことなど関係者でしか知りえない情報がリークされていまsy。

このガネーシャ会の中心人物は坂井学官房副長官です。
このリークを誰がしたのか?
犯人探しに躍起になっているとの。
堺市は東大法学部卒業後、松下政経塾に入り2005年のあの郵政選挙で初当選。
その後も着々と実績を残し今は当選4回のベテラン議員です。
その選挙区が隣の菅首相とは以前から関係が深く、地味で控えめなところが菅首相から気に入られていたようです。
派閥を嫌う菅首相の意向もあってぅっと表面上は「無派閥」を貫いていましたが、事実上は菅派の中心人物でもあります。
派閥を持たない若手議員が派閥入りしようとすると
「菅さんと縁が切れちゃってもいいの?」
と暗に脅しめいた苦言もすることがあったようです。

この密接な菅首相との関係からか坂井氏は菅内閣で官房副長官の要職を拝命します。
官房副長官といえば党側の内閣の連絡や調整が重要な役割ですが。ここで無派閥ゆえの弱点も露呈してしまいました。
人事や国会開催時期についての連絡・調整ミスが続いてあの重鎮の二階幹事長まで激怒させたそうです。
ちなみに幹事長室には出入り禁止になってしまったという噂もあります。

この坂井氏の評判を落としているのは番記者との付き合い方が原因かもしれません。
菅氏はお酒も飲めない下戸ですが番記者たちとは昼夜を問わず食事に誘いうまく手なづけてきたといわれています。
しかし、坂井氏は
「記者との付き合い方がわからない」
とぼやいているとのうわさもあります。

自民党内での無派閥という派閥
どうしても他の派閥と比べて緩いつながりなので、そのあたりのノウハウを伝えていくのはと難しいところもあって当然ですね。
アソコの臭いを消す石鹸 市販

出資企業が架空取引に頭を痛める官民ファンド旧産業革新機構INCJの憂鬱

昨今はあまり話題にの鳴ることが少なくなってきた官民ファンドINCJ(旧三ぐ王革新機構)です。
かつては液晶パネル大手「ジャパンディスプレイ」など大手企業で再建を目指すきぎゅおに多額の出資を指摘mさひた・
もちろんその原資は税金です。
これらの管轄は経済産業省ですが、なかなかお役所と民間ではうまくいかないボロが出始めています。

今回問題になったのは医療介護専用SNS「メディカルケアステーション」を運営する「エンブレース」という企業です。
確かに
「地域包括ケアというニーズに対する新たな取り組み」
というお題目ですから、いかにも政府からの出資を得やすいものだったかもしれません。
INCJから2016年に4億円
2018年にはさらに3億円もの出資を受けています。
代表取締役には日本IBM出身者
取締役には旧通産省OB
というのもちょっと首をひねりますけどね。

案の定、実態の経営はうまく言っておらず、
2020年4月期の売り上げは約4億③000万円に対し、赤字が5億円超という悲惨な状況です。

こんな厳しい状況に経営陣が架空取引という禁じ手を使ってしまったのでしょう。

「架空の売上を計上するために、複数のソフトウェア会社から実体のないコンサル業務を受注。
 その一方で受領したコンサル量を返還するために実際に必要な金額を大幅に超えた金額でソフトウェアの開発委託を行っていました。
その架空取引の金額は1億円にものぼるそうです。」
監査法人からの指摘を受けて、エンブレースは社外監査役などで構成される調査委員会を設置しました。

11月に開催された臨時株主総会では、日本IBM出身の代表取締役は辞任に追い込まれましたが。腑に落ちないのは旧通産省OBの取締役は留任になったことです。
大株主であるINCJがそれ以上の厳しい措置を求めなかったのは、やはり身内に甘いのでは?という非難を浴びても仕方ないのではないでしょうか?
多額の税金が投入されているのがこのINCJです。
その出資先の選定プロセスやその人事についても検証が必要なのですが、なかなかそこまではいかないのが現実です。
老人ホーム 嫌がる