以前に比べて柔軟になっている

アルバイトや派遣などの非正規雇用の人がキャッシングする時のポイントは、以下のようなものです。

アルバイトや派遣でも借りられるところを知っておくこと。

審査で有利になる条件を抑えておくこと。

一度にたくさんの業者に申し込まないこと。

日本ではパート・アルバイト・派遣などの非正規労働者の数が年々増え続けており、2011年時点では働く人の約35%が非正規労働者です。

そんな中、キャッシング業者も正社員だけを相手にしていては商売になりません。その結果、非正規労働者へのキャッシングは以前と比べて柔軟になりました。

しかし、借りられるようになったといっても、正社員に比べると審査で不利なことに変わりはありません。

アルバイトや派遣は正社員よりも収入が安定していない上、収入が低くなることが多いからです。

ただ、審査で見られるのは雇用形態や収入だけではありません。

雇用形態以外でチェックされるポイントは何なのでしょうか。また、審査に有利になるような条件は何なのかを知っておくことが重要です。

そして、申込むときにも注意点があります。

「非正規だから審査に落ちるかも」と心配して、一度に多くの業者に申し込む人がいますが、これは逆効果です。