専業主婦のカードローン審査とは

収入の無い専業主婦の方でもカードローンを利用できます。

貸金業法という法律があるため消費者金融系では難しいですが、貸金業法の対象外である銀行のカードローンであれば大丈夫です。

具体的にいうと、総量規制という法律が絡んでるんですね。

消費者金融は貸金業法のもとでお金を貸していてこの貸金業法では色々な規制を消費者金融に課しています。

この貸金業法は2010年に変更があり総量規制という規制が設けられました。

これによって個人に貸しても良いのは年収の3分の1までと定められたんです。

この総量規制で収入の無い専業主婦のような方はローンを利用することが難しくなってしまったのです。

それに、貸金業法で専業主婦への融資が可能と思われるような宣伝も禁止されています。

ではなぜ銀行のカードローンなら借入できるのかですが、銀行は銀行法で運営を行っているので貸金業法である総量規制の対象とはならないからです。

抜け道みたいですが、年収の3分の1まで融資OKとかそういった規制はないわけなんですね。

なので収入が無い専業主婦の方の場合には世帯年収を基準に考えるので配偶者の方に安定した収入があればカードローンを利用できるようになっているんです。

専業主婦が個人向けのローンを利用したいなら銀行に申し込むといいですよ。