おまとめ・一体化ローンって何?

今回は、いわゆる「おまとめローン」やローンの一体化について紹介したいと思います。そもそも何を一体化するのでしょうか?それがまず問題になると思います。

金融機関からお金を借りている人の中には、複数のカードを持っていて、複数の会社から借金しているというケースも珍しくありません。それらを一つの金融機関からの借金にまとめるというのが、「まとめる」ことになるというわけです。

それでは、金融機関からの借金をひとつの会社に絞ることにどんなメリットがあるのでしょうか?それが次の問題になると思います。

メリットとしては、借換えつまりまとめる際に、金利が新たに提示されますので、それまでより金利が安くなる可能性があると言うことです。そうすると、返済総額が減りますので、同じ期間返済を続けるにしても負担が軽くなるというわけです。

他には、総量規制という貸金業法上「これ以上は借りることができません」という上限があるのですが、これの例外に基本的に相当します。ですので、借金の総額が多い人には救済制度になり得るというわけです。

もっとも、借りすぎや返済の見通しが立たない場合は、金融機関ではなく弁護士などに相談するようにしましょう。

楽天スーパーローンは審査がゆるい

楽天銀行スーパーローン限度額200万円以下の場合は、楽天銀行スーパーローンは審査用件によって200万円以下でも必要なときがあります。

収入証明書の提出が不要のときがある場合がございます。

ですが、個人事業主や法人代表者の場合は必要です。

楽天スーパーローンの審査方法は、収入証明書の提出が不要であることをメリットとしています。楽天のカードローンは銀行系ですので、楽天スーパーローンで収入証明書は一般的に不要であるとしています。

楽天スーパーローンは全ての審査で収入証明書が不要ではなく、カードローン融資額が多額になる場合は必要とされています。個人事業主や会社社長の場合、法人融資の債務保証を受けている可能性がありますので、収入証明書が必要になっているのではないかと推測しています。

銀行ローンと消費者金融比較の口コミ評価をまとめましたが、楽天銀行カードローンは、メガバンクと融資残高は変わらないことが分かります。

楽天スーパーローンの融資残高が増えているということは、楽天カードローンはメガバンクと比較しても審査ゆるいカードローンであると言えそうです。

収入証明書が必要な場合を考えると、楽天スーパーローンは融資リスクを考慮したうえで、カードローンの審査を行っていることが分かります。

楽天スーパーローン審査ゆるい理由は、銀行系カードローンであると同時に融資のリスクを、あらかじめ考えていることが分かります。

支払いによっては2万円近く差が出る

リボ払いですが、必ず支払い総額を計算して出してみることをおすすめします。

もしかしたら、とんでもなく損しているかもしれませんよ。

今回は、その他リボ払いを利用する上で絶対に知っておいてほしいことについて説明していきます。

損をしないために知っておきたいリボ払いの基礎知識。

まず最初に、リボ払いの仕組みについて簡単にお話します。

そもそもリボ払いが他のローンと比べて大きく違う点は、

月々決められた金額、もしくは元金を返していけば良いという返済方法です。

例を挙げて説明していきます。

例)

現在30万円を借りている(ショッピングで使った)とします。

これを、

・ 10回の分割払いで支払う場合

・ リボ払いで支払う場合

以上のように、回数で毎月の返済額が決まる分割払いに対して、月々2万円など決められた金額だけを返済していくのがリボ払いです。

また分割払いでは借入金額が増えれば、当然毎月の返済額も増えますが、リボ払いでは追加でどんなにキャッシングやショッピングをしても毎月の返済額は変わらないか少し増えるだけなので計画的に毎月の家計をやりくり出来ます。

つまり、同じ30万円を支払うローンでも、リボ払いか分割払いかで、支払う総額に2万円近く差が出るということになります。

専業主婦のカードローン審査とは

収入の無い専業主婦の方でもカードローンを利用できます。

貸金業法という法律があるため消費者金融系では難しいですが、貸金業法の対象外である銀行のカードローンであれば大丈夫です。

具体的にいうと、総量規制という法律が絡んでるんですね。

消費者金融は貸金業法のもとでお金を貸していてこの貸金業法では色々な規制を消費者金融に課しています。

この貸金業法は2010年に変更があり総量規制という規制が設けられました。

これによって個人に貸しても良いのは年収の3分の1までと定められたんです。

この総量規制で収入の無い専業主婦のような方はローンを利用することが難しくなってしまったのです。

それに、貸金業法で専業主婦への融資が可能と思われるような宣伝も禁止されています。

ではなぜ銀行のカードローンなら借入できるのかですが、銀行は銀行法で運営を行っているので貸金業法である総量規制の対象とはならないからです。

抜け道みたいですが、年収の3分の1まで融資OKとかそういった規制はないわけなんですね。

なので収入が無い専業主婦の方の場合には世帯年収を基準に考えるので配偶者の方に安定した収入があればカードローンを利用できるようになっているんです。

専業主婦が個人向けのローンを利用したいなら銀行に申し込むといいですよ。